2010年02月06日

JOHN LOBB ライニング補修

いつも工房をご利用いただき有難うございます。

本日はカカト部分のライニングの補修をご紹介いたします。


こちらは、今となっては珍しいパラブーツ社製のジョンロブです。    
 



カカトやソールの擦り減りはチェックしていても意外と知らないうちに擦り切れているのが、
この腰裏と言われるカカトの内側部分です。




原因としては、型崩れ、アッパーの革の伸び、グッドイヤー製法では中物(コルク、スポンジ等) 
の沈みによるサイズがゆるくなったころに摩擦してしまい擦り切れてしまいます。



当工房では、出来るかぎり革の色、風合いの近い物をを用意して修理させて頂いております。

普段あまり気にしていない靴の内側にケアしてあげるのもいかがでしょうか?

腰裏修理 《税込¥1,500~》  








同じカテゴリー(腰裏修理)の記事画像
カウンターライニング
SHETLANDFOX
ALDEN 腰裏
Church`s・・・腰裏補修
オールデン チャッカブーツ
バリー 腰裏&半敷作成
同じカテゴリー(腰裏修理)の記事
 カウンターライニング (2017-10-01 18:00)
 SHETLANDFOX (2017-08-20 19:00)
 ALDEN 腰裏 (2017-07-01 12:00)
 Church`s・・・腰裏補修 (2014-07-08 19:38)
 オールデン チャッカブーツ (2011-02-16 00:03)
 バリー 腰裏&半敷作成 (2010-08-18 13:26)

Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 23:00│Comments(0)腰裏修理
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
JOHN LOBB ライニング補修
    コメント(0)