2010年04月27日

トップリフト交換 その1

今回はトップリフトがどのような作業で交換されるのか、二回に分けてご紹介します。




クロケット&ジョーンズのWモンクです。



かかとは若干すり減っています。
まだ交換しなければいけないほど減っているというわけではありませんが、今回は思い切って交換します。



今回使用する材料は「イングランドダブテイル」です。
厚みもあり、ラバー部分も大変丈夫なトップリフトです。
たびたびご紹介しておりますが、クロケット&ジョーンズで使用しているパーツと同じものです。



元のトップリフトをはずすとこんな感じです。



そのままではデコボコなので、グラインダーという機械のペーパーで削って面をフラットにします。
また、左右の高さもそろえます。



トップリフトを貼り付けて周囲を削ります。




ヒールの周りにインクを塗布します。
このインクも英国から取り寄せたインクです。

このあと仕上げをしていきますが、ここからはまた次回ご紹介したいと思います。


イングランドダブテイル:3,000円









同じカテゴリー(トップリフト)の記事画像
ALDEN カカト修理
ビジネスシューズといえば?
ALDEN かかと修理 JRダヴテイル
AUBERCY ローファー
REDWING #700ˁ
Berluti・・・VIBRAM5340
同じカテゴリー(トップリフト)の記事
 ALDEN カカト修理 (2017-05-25 09:19)
 ビジネスシューズといえば? (2017-05-13 09:39)
 ALDEN かかと修理 JRダヴテイル (2017-01-17 11:00)
 AUBERCY ローファー (2016-07-11 09:53)
 REDWING #700ˁ (2016-06-02 05:15)
 Berluti・・・VIBRAM5340 (2016-04-05 21:12)

Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 21:22│Comments(0)トップリフト
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
トップリフト交換 その1
    コメント(0)