2010年05月10日

J.M.ウエストン 腰裏修理

今回は腰裏(かかとの内側)のお修理をご紹介いたします。




お修理するお靴はJ.M.ウエストンのウイングチップです。
J.M.ウエストンは1891年創業の伝統あるフランスのブランドです。
アウトソールの革を自社のタナリーで生産するなど、独自のこだわりを持ったメーカーです。
アッパーやライニングの革も非常に良い革を使用しており、きめが細かくとてもしなやかです。



お持ちいただいたお靴はかかとの内側が破れてしまっています。
このかかとの内側を「腰裏」や「スベリ」と呼びます。
一度革が破れてしまうとそこから穴が広がってしまいます。
この部分のお修理は革をあてて補修します。



革を当ててから履き口は元のステッチを利用してミシンをかけます。



上の写真がミシンを縫い直したあとです。
ほとんど後から縫っているようには見えない仕上がりです。



使用する革もなるべく元に近い色の革を使用します。

これで腰裏部分の補修はできますが、もともと腰裏が破れてしまう原因は「サイズが合わない」「シューホーン(靴べら)を使用していない」「くつひもをゆるめないでぬぎはきしている」などがあげられます。
補修をしてもそのもともとの原因を改善しないと再度破れてしまう可能性がありますのでご注意ください。



また、トップリフトの交換もしていただきました。
イングランド三日月型で飾り釘付です。

腰裏補修:片足1,500円

イングランド三日月:3,000円
飾り釘      :500円












同じカテゴリー(腰裏修理)の記事画像
SHETLANDFOX
ALDEN 腰裏
Church`s・・・腰裏補修
オールデン チャッカブーツ
バリー 腰裏&半敷作成
JOHN LOBB ライニング補修
同じカテゴリー(腰裏修理)の記事
 SHETLANDFOX (2017-08-20 19:00)
 ALDEN 腰裏 (2017-07-01 12:00)
 Church`s・・・腰裏補修 (2014-07-08 19:38)
 オールデン チャッカブーツ (2011-02-16 00:03)
 バリー 腰裏&半敷作成 (2010-08-18 13:26)
 JOHN LOBB ライニング補修 (2010-02-06 23:00)

Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 20:25│Comments(0)腰裏修理
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
J.M.ウエストン 腰裏修理
    コメント(0)