2010年07月20日

ヒール固定

今回はバリーのサンダルのヒールの固定です。





もともと、この靴は製造する段階で、アッパーはアッパーとして、

ソールはソールとして、製造されて、最後に接着されて作られている靴になります。

ですので、カカト部分は固定されておらず、何かのきっかけで剥がれてしまうことがあります。



中敷(ソックシート)を剥がした写真です。


左が釘で固定したものです。(5箇所)

それ以外の釘の頭にみえる金属は、釣り込んだ革と中底を固定するものなので、

ヒール部分とは何も関係ありません。

釘を新しく打って固定するだけで、強度は断然違ってきます。






今回は、トップリフトの修理も必要でしたので、vibram#5340の茶色をつけました。




同じカテゴリー(かかと修理)の記事画像
BUTTERO クレープカカト
ALDEN 腰裏
BUTTERO
紳士靴売り場ですけれど・・
ALDEN カカト修理
ALDEN かかと修理 JRダヴテイル
同じカテゴリー(かかと修理)の記事
 BUTTERO クレープカカト (2017-07-08 09:46)
 ALDEN 腰裏 (2017-07-01 12:00)
 BUTTERO (2017-06-22 09:23)
 紳士靴売り場ですけれど・・ (2017-05-31 09:27)
 ALDEN カカト修理 (2017-05-25 09:19)
 ALDEN かかと修理 JRダヴテイル (2017-01-17 11:00)

Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 21:10│Comments(0)かかと修理
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
ヒール固定
    コメント(0)