2010年08月03日

ア・テストーニ 底縫いつけ

今回は昨日に引き続き、ア・テストーニです。




こちらのテストーニは、ボロネーゼの製法で作られているのですが、

底は縫い付けではなく、接着のみでした。

((Befoer))







例えば、購入してから履かずに、しまいっぱなしにしていたりすると、

接着剤が劣化して、このように剥がれてしまいます。

こうなると、再度接着をしなおすようになりますが、

元々の接着剤が邪魔をして、元より強度が下がる可能性があります。

そこで、今回はミゾを彫って縫い付ける方法にしました。


((After))









中にもステッチは入ってしまうのですが、足あたりなどはなるべく出ないようにしています。

剥がれてしまっても、おしまいだと思わずに、是非一度ご相談ください。


底縫いつけ・・・¥1500



同じカテゴリー(ミシン修理)の記事画像
カウンターライニング
タッセル作成
SHETLANDFOX
カウンターライニング
Paraboot デッキシューズ ハトメ交換
かかとが破れたら
同じカテゴリー(ミシン修理)の記事
 カウンターライニング (2017-10-01 18:00)
 タッセル作成 (2017-09-03 20:00)
 SHETLANDFOX (2017-08-20 19:00)
 カウンターライニング (2017-06-06 19:23)
 Paraboot デッキシューズ ハトメ交換 (2017-05-21 10:00)
 かかとが破れたら (2017-01-30 23:02)

Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 19:31│Comments(0)ミシン修理
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ア・テストーニ 底縫いつけ
    コメント(0)