2012年01月23日

カカトが磨り減ったら

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


本日はこちらをご紹介いたします。






長く履いているとカカトの外側が減ってしまいますよね。



誰でもあることです。

ご心配なく。













このように減っている部分だけを修理することが出来ます。



エドワードグリーンやジョンロブなどのドレスシューズのカカトの土台には通常革が使われておりますがそういうタイプと違って、「ウレタン」という素材が使われていることがしばしば。


ウレタン底ですと接着力を増すために特別な接着剤を使うので半日ほどお預かりさせて頂いております。




ケイシャ ¥1785


Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 20:02│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
カカトが磨り減ったら
    コメント(0)