2012年03月05日

VINTAGE SNEAKER

アメリカ、アメリカと続きましたので今回はヨーロッパに飛んでみましょう!





「PUMA FIT」 1960年代後半~










まずはPUMAの歴史を少々。


1924年にアドルフとルドルフのダスラー兄弟が体育館用のシューズを開発したことに始まります。靴工房を運営した父クリストフ・ダスラーの影響で2人も靴職人の道へ。1920年、ダスラー兄弟商会設立。1924年それを応用し、靴紐の代わりにゴムの付いた革底を使用した体育館シューズを開発し、1925年地元の体育協会が1万足を注文したことで利益を上げ、工場の増築が図られるようになりました。
そして有名な話ですが2人は兄弟喧嘩をしてしまい1948年に独立して、アドルフはアディダス、ルドルフはルーダを設立。このルーダが1949年からプーマというブランドに生まれ変わり現在に至ります。このプーマとはアメリカライオンのピューマから命名されロゴはチーターです。

1960年代~1970年代中旬にかけてのロゴは目が付いています。わたくしは目つきプーマと呼んでおります。(そのままですが)





少しばかりかわいらしく感じられます。






Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 17:23│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
VINTAGE SNEAKER
    コメント(0)