2012年04月10日

GAZIANO&GIRLING

よくもまあ~既製靴なのにここまでバシッとかっこよく作るなあといつも感心しております。





GAZIANO&GIRLING












もちろん高級靴と呼ばれるエドワードグリーン、ジョンロブなども魅力的な靴には間違いありません。







しかし手が込んでるなあと思うのはガジアーノの靴。




トニー・ガジアーノ氏10代の頃は建築家を目指していたアート志向で



一方相方ディーン・ガーリング氏は靴職人の息子で頑固な職人気質だそうで。



この2人がタックを組めばこの仕上がりになるのは納得がいきます。




その靴作りの腕は類稀です。











BEFORE










AFTER





























ビンテージスチールやカカトなどの部分修理はかなりの足数修理させていただいておりますが、なかなかオールソールのご依頼が少なく感じます。



最近私の中で「バラシたいランキング ナンバー1」の靴です。







細かいところまで探ってみたいですね。







ハーフラバープレーン ¥1680



ビンテージスチール  ¥3150






日本橋三越シューケアブログはコチラ⇒http://repaircare.exblog.jp/ 


靴修理、靴のお手入れに関するQ&Aはコチラ⇒http://www.shoe-repair.net/e131.html#qa01


Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 23:59│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
GAZIANO&GIRLING
    コメント(0)