2013年05月06日

チャーチ、ソールの中

いつも日本橋三越本店リペア工房をご利用いただきまして、ありがとうございます。

本日はチャーチのディプロマットの中をご紹介します。



ソールをバラシて



ソールの中をご覧いただく機会も少ないと思いますが、グッドイヤーウエルト製法のソールの中はこのようになっております。

ソールを剥がして、ウエルトとソールを縫い合わせている糸を全て取り除いた状態の写真です。

中底は履きならされて足の形状に沈み込んでいて、オーナー様の長年の愛着を感じます。

また、ブランドによってコルクの状態、シャンクの素材等は違いますが、チャーチの人気が納得できる丁寧なつくりが伺えます。

オールソールのご依頼ですので、仕上がり次第再度投稿させていただきます。








同じカテゴリー(オールソール)の記事画像
Church's JRレザーオールソール
POULSEN SKONE
Crockett&Jones
マグナーニ オールソール
YANKO
チャーチ ベルギーレザーオールソール
同じカテゴリー(オールソール)の記事
 Church's JRレザーオールソール (2017-07-23 09:54)
 POULSEN SKONE (2017-07-20 09:00)
 Crockett&Jones (2017-07-16 08:48)
 マグナーニ オールソール (2017-07-15 09:44)
 YANKO (2017-07-10 15:00)
 チャーチ ベルギーレザーオールソール (2017-07-09 20:00)

Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 22:12│Comments(0)オールソール
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
チャーチ、ソールの中
    コメント(0)