2018年04月18日

Edward Green














茶靴で半カラス仕上げ数は多くありませんが時々チラホラと。。。

最近ヴィンテージの靴をお休みの日などに見に行くことがあるのですが
アレ?このメーカーこんな仕上げするっけ?なんていう靴を見つける少しテンション上がります。
説明を聞くと戦時中の為に当時規制がされてこんな感じの仕上がりなど色々理由があるようです。
背景などしっかり理解できるとまた一層と靴が楽しくなる様な気がします。

日本橋三越シューケアブログは→コチラ

靴修理、靴のお手入れに関するQ&Aは→コチラ



Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 17:16│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Edward Green
    コメント(0)