2019年09月14日

ビットローファーの話

こんばんは!

三越本店2階の紳士靴売り場にあります、リペアコーナーの村山です。

婦人靴の修理もやってます!!


さて、今回は靴の流行の話です。
3年くらい前は、流行とは無縁で、一部の好きな方が履いている印象だった「ビットローファー」

グッチのビットローファー!!




昨年くらいから、徐々にファッション雑誌での露出が、増えて来ております。
ちょっと変わったデザインのものから、ド定番と言って良いものまで、様々なものが掲載されるようになりました。
秋口でも、人気継続の予感です。

お持ちでない方も、収納したまま放置されている方も、是非検討頂きたいと思います。


ここで、ちょっとマメ知識です。


ビットローファーとは?

いわゆるスリッポンタイプの靴の甲部分に、「ホースビット」と呼ばれる馬具の装飾をあしらったものです。

最初に販売を開始したのは、あの「GUCCI」です。

歴史は古く、1950年代にバッグの装飾具として発明し、その後に靴に用いるようになったそうです。

それからは、GUCCIのアイコンの一つとして、世界的に有名となり、多くの靴メーカーでも作られるようになりました。

しかし、その中でも存在感を出し続けるのが、世界の流行を発信し続ける、GUCCIです。

デザイナーが変わる度に、名作が生まれるという、ある意味で困った靴にもなりました(笑)。


ちなみに、フェラガモのビットローファーも有名だと思います。
一部の方ですと、「ビットローファー」はGUCCIのイメージなので、フェラガモの場合は「ガンチーニ」と呼ぶそうです。

と、ここまでは知識ばかりです。



当店は修理屋で、しかも高級靴を修理する実績では、日本でも有数の店舗と自負しております。

過去の修理事例の中から、少しだけ画像をピックアップしてみました。

GUCCIのビットローファー修理1
GUCCIのビットローファー修理2
GUCCIのビットローファー修理3
GUCCIのビットローファー修理4
GUCCIのビットローファー修理5


オールソールでも、
ハーフラバーでも何でもやっております。



画像でのご紹介はないですが、以前にご提案した中で、私のおすすめは・・・。
ミラーハーフソールをGUCCIに

こちらのミラーハーフソールは個人的におススメです。

赤はクリスチャンルブタンに良く利用されており、「人気爆発」しておりますが、意外と「黒」は利用されておりません(笑)。

非常に良い物なのに、人と被らないので、ちょっと気持ちが良いと思ってます。

私はPRADAのドレスシューズに利用しておりますが、所感として、モードや有名メゾンの靴には、大変相性が良いと思っております


その他にも、オールソールであれば、以前にご紹介したこの記事のソールも面白いかも知れません。
https://resh.tamaliver.jp/e467447.html




ビットローファーは、足元を華やかにするには非常に良い靴です。
お持ちでない方は、是非三越本店にてお買い求めください。
以上、是非ご検討ください。

宜しくお願い申し上げます。


村山



  


Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 00:04Comments(0)靴のことは置いといて・・金具交換靴修理

2019年08月18日

オールソールでこんなに変わる!(ルイヴィトン/スニーカー)

こんばんは!

三越日本橋本店2階、
VIBRAM SOLEFACTORヴィブラムソールファクター)の村山です。

今回は、靴修理というよりも、「カスタム」のご紹介です。

三越本店には、日本全国探しても、ここでしか手に入らない部材を多数ご用意しております。
*特にVIBRAM社の製品では、他社だけではなく、弊社内であっても、当店でしか、取り扱いできないものがあります。

今回は、そんな特別な店舗にお持ち込み頂いた、とても素敵な修理・カスタムをご紹介します。




↑こちらは新品のルイヴィトンのスニーカーの画像です。
お客様がお持ち頂いたものと同型なので、掲載しております。
お持ち込み頂いた靴は、ソールのすり減り、劣化があり、オールソールのご提案をさせて頂きました。


お修理後の画像はこちらです。

ルイヴィトンのスニーカーをオールソール1


ルイヴィトンのスニーカーをオールソール2

画像で伝わりますでしょうか?
元の良さを残しながら、上位互換しているような佇まいになりました。


ルイヴィトンのオールソール




この鮮やかな「マルモラーダ」という名前のソールに目が行きがちですが・・・。

ルイヴィトンのスニーカーをオールソール3

↑よく見ると、元々青いゴムを巻いている箇所が、少し明るめのレザーに変更になっているのが、分かりますでしょうか。
目立ちにくい場所ですが、
これで、更に高級感が増すように工夫されています。

VIBRAMソールファクター


如何でしょうか。
この靴のオーナー様が、をご指定時には、驚きましたが、それ以上に仕上がりの良さに驚きました。
オーナー様のセンスと、修理を担当した当店の戸高の力が組み合わさった結果だと思います!

私は、この靴がとても欲しくなりました。


以上、ソールファクターの村山でした。

  


Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 18:47Comments(0)オールソール靴修理スニーカー修理

2019年05月16日

実は凄い高性能なヒールです。(コンチネンタルヒール)

いつもご利用いただきまして、ありがとうございます。

三越本店リペア工房の村山です!





さて、今回は当店でも定番メニューのコチラ!

コンチネンタルヒールの写真

コンチネンタルヒールです。


おそらく日本ではVIBRAM社の方が認知度が高く、こちらはマニアックな部類です。
*私も ビブラム大好きです♪


しかし、このコンチネンタルヒール、
実は凄い良いヒールなので、是非ご紹介させて頂きます。




まずはコンチネンタル社の説明から!


なんと年商は4兆円以上!
従業員20万名!
(データは2015年なのでちょっと古めです。)
*富士通・キャノン・東芝よりデカイです。


実は靴修理の部材メーカーではありません。
F1のタイヤを作るなど、
タイヤメーカーとして世界的に有名なのです。


タイヤのシェア、世界ランキング
 1位 ブリジストン(日本)
 2位 ミシュラン(フランス)
 3位 グッドイヤー(アメリカ)
 4位 コンチネンタル(ドイツ)


そして、その実態は・・・。
エレクトロニクス関連の企業も買収し、自動車の駆動部を中心に様々な制御装置まで作っている、足回りのスペシャリスト企業となっています。


当然、ゴムタイヤはこの会社の基幹企業です。
同じゴム製品である、靴のヒールにも、その恩恵は色濃くでており、耐久性に優れ柔らかな履き心地があります。
お試してない方は、是非一度つけてみて欲しいと思います。


装着したコンチネンタルヒール

ちなみにこれは、スタッフ私物です。
トータルコーデとしては、ハーフラバーにVIBRAM通称クロコと言っている柄を装着していますが、違和感はありません。
カカトもクロコに出来るところをあえて、変更しています。


どうでしょうか?
営業の方
出張の多い方
重い荷物を持ち歩く方


コンチネンタルヒールのアップ

コンチネンタルヒール
価格=¥3,700


是非お試しくださいませ!


以上、タマにはマメ知識付きの靴ブログでした。

村山
  


Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 23:53Comments(0)トップリフトかかと修理ハーフラバー靴修理

2019年04月13日

春なので、デットストック!(人とは違うオールソールに。)

こんにちは!

三越日本橋リペア工房の村山です。


さて、私が紹介したいのは、今回は靴修理に使う資材です。


オールソールは、元のように戻すのが基本ですが、時には気分の違う靴が履きたいという方もいるのではないでしょうか。

当店では、そのようなお客様にも対応しております。


ただし・・・。
今回は社内にあるもので、店頭には並んでいません。
それどころか、既にメーカーでも廃盤になっていて、手に入らないものもあります。

ゆえにデットストック

古着が好きな方や、他の人と違う恰好をしたい方に是非お選び頂きたいと思います。


まずは、ドレスカジュアルにも使えるソール!
定番は黒や茶ですが・・・。


カラーの2055


ダイナイトソールに似ていますが、こちらはVIBRAMソールです。
もちろん、イタリアの信頼感のあるブランドですから、耐久力もあっておススメ出来る商品ですが、色が鮮やかなものですから、こだわりの強い方向けです。



そして、次は迷彩です。

迷彩#4014ソール

迷彩#4014ソールの横


お好きな方だけが分かって頂けると思いますが、
この形はREDWING等に良く利用されるソールの形です。

↓こういう感じです。

ボブソール#4014トラクションソール


VIBRAM社が誇る#4014ソールのカラーバリエーション版ですので、こちらも信頼性が高いものです。
興味がある方、是非お問合せください。

他にもいろいろなソールがありますが、全て店頭にないものです。
お取り寄せになりますので、ご注意ください。


以上、ちょっと珍しいものをご紹介しました!






  


Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 10:00Comments(0)オールソール靴修理

2019年04月12日

ミラーハーフソール(クリスチャン・ルブタン)

こんにちは!
日本橋三越、リペア工房の村山です。

今日は物凄い素敵な靴を紹介します。



売り場(三越的にはお買場と言います。)でも、知らない人が近づいて見てくる程目立ち、
「凄い綺麗!」と絶賛するような靴です。


ある種の芸術品ではないでしょうか。



クリスチャンルブタンの写真



クリスチャン・ルブタンです!



クリスチャンルブタンの写真(横)

クリスチャンルブタン(つま先)



クリスチャンルブタン(ヒールの内側)


如何でしょうか。
お客様が新品のまま、お持ち込み頂きました。

スタッズの付き方、カラフルな色合い、ラメの光り方、どれをとっても凄い靴で、オーラが出ています。


さて、こちらの靴をお持ち頂いたお客様は、慣れている方のようで、
ピカピカのやつでお願いします。」
との事。


そのピカピカのやつとは・・・コレです!


ミラーハーフソール(赤)


ピカピカです!(笑)

商品名は、「ミラーハーフソール」といいます。


特に赤は、クリスチャン・ルブタンにピッタリで、是非一度は見て頂きたいです。

このお客様は、この靴をどのようなシーンで、どんな洋服に合わせて履くのでしょうか。
想像もつきませんが、きっと素敵なお洋服と合わせるのではないかと思います。


もちろん、他の靴にも合わせられますし、既に履き込んている靴でも装着できますので、是非どうぞ!!




ミラーハーフソール=3,200円+税




ちなみにですが、男性のお客様にも是非ご覧頂きたいです。

ミラーハーフソールのカラーバリエーション


私は、自分のPRADAのドレスシューズに「黒」を装着しておりますが、ピッタリです。


それでは、ご来店をお待ちしております。



  


Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 18:00Comments(0)ハーフラバーレディース靴修理

2019年03月29日

日本橋三越本店、紳士用品売場の様子

こんにちは!

日本橋三越本店、リペア工房の村山です。

いつもお越しくださっている皆様、
そして当ブログをご覧頂いている皆様、
誠にありがとうございます。


さて、今更ですが、紳士用品売り場の外観です。
最近、リニューアル工事の為、仮店舗での営業をしております。
店舗外観(三越日本橋本店、紳士用品売り場)



こちらの奥にひっそりと工房を構えております。

良い靴も置いてあるので、一部ご紹介します。

チャーチのウィングチップ



↑真ん中のウィングチップですが、ちょっとデザインが面白いところが私のツボです。

カルミナのエキゾチックレザーシューズ



↑こちらはカルミナ。クロコの型押しです。ダブルモンク!ってところが渋いです。
 ちなみに写真を撮り忘れましたが、当店のオールソールで扱っている、「JRソール」が使われています。





↑こちらはマグナーニ。少し前よりデザインがこなれて来た印象で、革の質感はとてもキレイです。
 昔より履きやすくなったのではないでしょうか。

たまにはこんな記事も良いかと思いまして、書きました。


皆様、お修理もお待ちしております!!


村山  


Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 22:22Comments(0)靴のことは置いといて・・靴修理

2016年04月13日

つま先補強にリフト交換

いつも日本橋三越リペア工房をご利用いただき誠にありがとうございます!



つま先補強に、


リフト交換。


これで安心して履けますね。

・・料金(税抜き)・・
つま先補強(ヴィンテージスチール)  ¥3,500~
リフト交換(EGラスターくぎ有)    ¥6,800~

※料金は記事掲載時価格のため変更される場合がございます




シューケアブログはこちらで・・


※※ただ今、リッシュでは一緒に働く仲間を募集しております。※※

【職種】
靴修理

【業務内容】
靴修理
受付
店舗管理

【応募要件】
・RESH.の理念
「靴を修理して履く文化を創る」を共感できる方
・靴修理において日本一のプロ集団を作るため
既存スタッフと共に向上心をもって切磋琢磨していただける方

【歓迎要件】
・元気で明るい方
・靴修理経験のある方

【勤務時間】
入居予定施設の営業時間に準じます。
(8:00~22:30、シフトによる交代制)

【勤務地】
東京、大阪、名古屋、仙台、広島、新潟
※大阪にて研修があります。

【休日】
月7日、夏期休暇・冬期休暇あり

【待遇】
各種保険完備、交通費全額支給

【給与】
給与18万以上(研修期間有3ヶ月)
※経験により応相談


《応募方法》
メールにて受付させて頂きます。
担当の 榊 宛にメールを頂き、
メールを確認後、随時連絡させて頂きます。
メールアドレス⇒kutsuasakusa@gmail.com


  


Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 22:12Comments(0)靴修理