2019年09月14日

ビットローファーの話

こんばんは!

三越本店2階の紳士靴売り場にあります、リペアコーナーの村山です。

婦人靴の修理もやってます!!


さて、今回は靴の流行の話です。
3年くらい前は、流行とは無縁で、一部の好きな方が履いている印象だった「ビットローファー」

グッチのビットローファー!!




昨年くらいから、徐々にファッション雑誌での露出が、増えて来ております。
ちょっと変わったデザインのものから、ド定番と言って良いものまで、様々なものが掲載されるようになりました。
秋口でも、人気継続の予感です。

お持ちでない方も、収納したまま放置されている方も、是非検討頂きたいと思います。


ここで、ちょっとマメ知識です。


ビットローファーとは?

いわゆるスリッポンタイプの靴の甲部分に、「ホースビット」と呼ばれる馬具の装飾をあしらったものです。

最初に販売を開始したのは、あの「GUCCI」です。

歴史は古く、1950年代にバッグの装飾具として発明し、その後に靴に用いるようになったそうです。

それからは、GUCCIのアイコンの一つとして、世界的に有名となり、多くの靴メーカーでも作られるようになりました。

しかし、その中でも存在感を出し続けるのが、世界の流行を発信し続ける、GUCCIです。

デザイナーが変わる度に、名作が生まれるという、ある意味で困った靴にもなりました(笑)。


ちなみに、フェラガモのビットローファーも有名だと思います。
一部の方ですと、「ビットローファー」はGUCCIのイメージなので、フェラガモの場合は「ガンチーニ」と呼ぶそうです。

と、ここまでは知識ばかりです。



当店は修理屋で、しかも高級靴を修理する実績では、日本でも有数の店舗と自負しております。

過去の修理事例の中から、少しだけ画像をピックアップしてみました。

GUCCIのビットローファー修理1
GUCCIのビットローファー修理2
GUCCIのビットローファー修理3
GUCCIのビットローファー修理4
GUCCIのビットローファー修理5


オールソールでも、
ハーフラバーでも何でもやっております。



画像でのご紹介はないですが、以前にご提案した中で、私のおすすめは・・・。
ミラーハーフソールをGUCCIに

こちらのミラーハーフソールは個人的におススメです。

赤はクリスチャンルブタンに良く利用されており、「人気爆発」しておりますが、意外と「黒」は利用されておりません(笑)。

非常に良い物なのに、人と被らないので、ちょっと気持ちが良いと思ってます。

私はPRADAのドレスシューズに利用しておりますが、所感として、モードや有名メゾンの靴には、大変相性が良いと思っております


その他にも、オールソールであれば、以前にご紹介したこの記事のソールも面白いかも知れません。
https://resh.tamaliver.jp/e467447.html




ビットローファーは、足元を華やかにするには非常に良い靴です。
お持ちでない方は、是非三越本店にてお買い求めください。
以上、是非ご検討ください。

宜しくお願い申し上げます。


村山





同じカテゴリー(靴修理)の記事画像
オールソールでこんなに変わる!(ルイヴィトン/スニーカー)
実は凄い高性能なヒールです。(コンチネンタルヒール)
春なので、デットストック!(人とは違うオールソールに。)
ミラーハーフソール(クリスチャン・ルブタン)
日本橋三越本店、紳士用品売場の様子
つま先補強にリフト交換
同じカテゴリー(靴修理)の記事
 オールソールでこんなに変わる!(ルイヴィトン/スニーカー) (2019-08-18 18:47)
 実は凄い高性能なヒールです。(コンチネンタルヒール) (2019-05-16 23:53)
 春なので、デットストック!(人とは違うオールソールに。) (2019-04-13 10:00)
 ミラーハーフソール(クリスチャン・ルブタン) (2019-04-12 18:00)
 日本橋三越本店、紳士用品売場の様子 (2019-03-29 22:22)
 つま先補強にリフト交換 (2016-04-13 22:12)

Posted by リペア工房RESH.日本橋三越本店 at 00:04│Comments(0)靴修理靴のことは置いといて・・金具交換
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ビットローファーの話
    コメント(0)